札幌の子育てがラクになる情報サイト

札幌子育てスタイル

札幌の子育て 札幌子育てサポート 産後サポート

札幌産後ケア事業について|札幌で子育てする産後ママのための情報

スポンサーリンク

札幌で子育て中の姉妹ママゆり(@stylesapporo)です。

平成28年9月より開始した札幌産後ケア事業。

産婦人科や保健センターでチラシを見かけますがいったいどんなサービスなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

今日はそんな札幌産後ケア事業についてわかりやすく説明していくよ!
しろくまちゃん

産後ケア事業をうまく使えば産後のママの不安や苦しみはきっと少し軽くなると思います♪

札幌で産後を迎える予定のママ・今現在産後のママにとって大切な情報なのでぜひ最後までチェックしてくださいね♡

【参照元:さっぽろ子育て情報サイト

スポンサーリンク

札幌産後ケア事業とは

ゆり
そもそも札幌産後ケア事業ってなに?
  • 出産後自宅に帰っても手伝ってくれる人がいなくて不安
  • 赤ちゃんのお世話の仕方がよくわからない
  • お産と育児の疲れから体調がよくない

こんな風に困っている方に出産後、育児の手助けが必要な方に市内の助産院で助産師さんが生活や育児相談等のケアを行ってくれるサービスです。

自宅に来てもらうのではなく助産院に出向いて受けられるサービスなんだね
しろくまちゃん

札幌産後ケア|サービスの内容

札幌産後ケア事業は【日帰り型】と【宿泊型】の2種類のサービスがあります。

事業の主な内容は以下の3つです。

  • お母さんが困っていること(赤ちゃんのあやし方、授乳、寝かしつけ、抱っこ、おんぶ、沐浴、夜泣きなど)の相談に乗ってくれて、対応方法を教えてくれる。
  • 乳房のケアや手当の方法を教えてくれる。
  • お母さんにゆっくり休息と十分な食事をとらせてくれ、リフレッシュして育児を継続していけるよう支援してくれる。
基本的にお母さんが困っていることや悩んでいることなら相談に乗ってくれるみたいだよ
しろくまちゃん
スポンサーリンク

札幌産後ケア|どんな人が使えるのか

ゆり
どんな人が利用できるの?

札幌市在住(住民票がある)生後4か月未満の乳児とその母親であって、 家族等から十分な家事・育児等の援助が受けられず、かつ、 心身の不調または育児不安等がある産婦さん。(医療の必要な方は利用できません)

*経産婦の方は上のお子様も一緒に利用できます。

*妊娠中の予約はできず、出産後の予約となります。

産後4か月以内というのは本当にたくさんの不安や悩みがある時期だからその時期に助産師さんにじっくり相談できるのは嬉しいね
しろくまちゃん

札幌産後ケア|受付日時

札幌産後ケア事業は受付時間が決まっています。

月曜日~金曜日(祝日及び12月29日~1月3日を除く) 

9:00~12:00と13:00~17:00

この時間帯に希望する助産院に直接電話して申し込みをします。

札幌産後ケア|利用申し込みの流れ

  1. 希望する助産院に直接電話して申し込む
  2. 助産院から札幌市へ申請され、その後利用決定通知書が送付される。
  3. 利用決定通知書がおりたら再度希望する助産院へ申し込み日時を調整する
  4. 産後ケアを利用できる

という流れになります。

助産院に電話してすぐに使えるわけではなく一度札幌市へ申請し、利用決定通知書がおりてからの利用開始となるんだね
しろくまちゃん

札幌産後ケア|必要な持ち物

母子健康手帳・保険証・必要な母子の衣類、オムツ・お尻ふき・ミルク・哺乳瓶・洗面用具(宿泊型利用時)など

その他抱っこひもなど使い方を教えてほしい育児用品をもっていくと指導もしてくれるようです。

ゆり
オムツやミルクは助産院によっては用意してくれるところもあるそうだよ!

詳しい持ち物は利用決定時に助産院から連絡が来て教えてくれます。

札幌産後ケア|利用料金

  利用料金 利用できる日数
宿泊型 1泊8000円 1泊2日または2泊3日
日帰り型 1回3500円 4日以内
宿泊型+日帰り型 1泊2日+日帰り型 11500円  
2泊3日+日帰り型 19500円  

*1家庭につき原則通算4日以内の利用が可能です。

*施設までの交通費は自己負担となります。

*利用料金はすべて一般世帯の料金となり、助産院によって若干異なります。

*生活保護、市民税非課税世帯はこの金額の半分となります。

スポンサーリンク

札幌産後ケア|受けられる助産院一覧

*宿泊型・日帰り型どちらも可

助産所名 住所 電話番号
あいの里助産院 北))あいの里4条4丁目6-12 011-778-1703
ありじゅ マタニティハウス 白石)菊水上町2条1丁目46-17 011-814-1103
さくら助産院 東)北16条東14丁目1-10 011-721-1778
産後ケアハウス さんさん助産院 清田)清田1条4丁目3-60 0120-352833
助産院エ・ク・ボ 西)発寒6条10丁目10-3 011-666-0814
つるべ助産院 白石)北郷3条2丁目13-8 011-376-1913

 

*日帰り型のみ

助産所名 住所 電話番号
今井母乳育児相談室 清田)平岡4条1丁目6-5 011-883-7077
ユキコカンガルー助産院 カンガルー産後ケアハウス 中央)南1条西23丁目1-33-2階 090-1775-5592
feel助産院 中央)円山西町5丁目4-56 090-6994-6699
新さっぽろ坂田助産院 母と子のケアルーム 厚別)厚別中央3条4丁目10-7 090-1309-2092
棚田母乳育児相談室 東)北33条東15丁目4-25-2階-C号室 090-5074-5435

 

札幌産後ケア事業まとめと子育てママとして思うこと

最後にもう一度札幌産後ケア事業についてまとめます。

札幌産後ケア事業とは

  • 出産後、育児の手助けが必要な方に市内の助産院で助産師さんが相談等のケアを行ってくれるサービス
  • 日帰り型と宿泊型の2種類のサービスがある
  • 利用できるのは札幌に住民票のある産後4カ月までの産婦さんと赤ちゃん
  • 受付時間は月~金の9時~12時と13時~17時
  • 希望する助産院に直接電話して申し込む
  • 札幌市から利用決定通知書がおりてから利用できる
  • 持ち物は母子健康手帳や保険証でその他は助産所によって違う
  • 1家庭につき原則通算4日以内の利用が可能
  • 料金は日帰り型で3500円から・宿泊型で8000円からで利用するサービスによって変動する
  • 利用する助産院によっても若干料金が異なる

このように産後ママに嬉しいサービスな札幌産後ケア事業ですが、2人の子供をワンオペで育てた母親としては以下のサービスがあるとより利用しやすくなるなと思いました。

  • 助産院に出向くスタイルだけではなく自宅に来てくれるサービスもあると嬉しい
  • 産後4カ月はあっという間に過ぎてしまうので半年くらいまで期間が伸びると嬉しい
  • 案外知らない人も多いので産後に産院で教えてくれると嬉しい

 

ゆり
ただ経産婦さんが上のお子さんも一緒に利用できるのはすごくいいね!!

まだはじまって3年以内の新しいサービスですが札幌が「産後のママに優しい街」になる大切な事業だと思いますので産後のママはぜひ利用を検討してみてくださいね♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

-札幌の子育て, 札幌子育てサポート, 産後サポート

Copyright© 札幌子育てスタイル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.