ベビー服 札幌子育て情報

札幌子どもの服装|季節ごとの悩みを解決!赤ちゃん編

更新日:

 

こんにちは、姉妹ママのゆりです^^

札幌で子育てしていると赤ちゃんや子どもの服装に悩みませんか?

 

この時期どんな格好をさせたらいいの?暑い?寒い?などなど、、ママやパパは色々考えると思います。

実は私も今でも子どもたちの服装には悩みますが、5年の子育て経験でそんな悩みをうまく解決していけるようになりました♬

 

この記事では育児本や雑誌とは違う札幌(北海道)ならではのお子さんの服装のポイントを季節ごとにお伝えしていきます!!

 

今日はまず0~1歳半くらいまでの赤ちゃんの服装についてお伝えします。

読み終える頃にはお子さんの服装での悩みがぐんっと減っていますよ♡

スポンサーリンク

 

札幌子供の服装事情|快適に過ごせる服装は本州とかなり違う!!

よくある育児本や子供服雑誌に載っている服装は本州仕様なので北海道・札幌にはあわないことが多いです。

*ちなみにこれはママの服装もそうですね、雑誌通りの格好していたら冬の札幌では間違いなく凍傷です(笑)

 

みなさん悩むのが札幌ならではの真冬の格好と温度差の激しい季節の変わり目だと思います。

 

札幌は春が遅く、春から夏にかけて暑くなるのも、夏から秋にかけて涼しくなるのも本州とは時期が違います。

 

なので快適に過ごしたいと思ったら洋服による体温調節がかなり重要になります!!

 

このことを頭の片隅におきながらブログを読み進めてくださると嬉しいです♡

 

札幌の赤ちゃん服事情~季節ごとに紹介

それでは実際にどんな洋服をそろえたらいいかをお伝えしていきます。

 

0~1歳半くらいまでの赤ちゃん服 春と夏

春(4月~6月前半くらい)

室内なら短肌着orコンビ肌着+ロンパースなどの洋服

屋外なら肌着+洋服+靴下+コートorブルゾンorパーカーやカーディガン

札幌は4月と6月で本当に全然気温が違います(4月はまだ雪が降ります)

春先の寒そうなときは短肌着ではなくコンビ肌着にしたり、その上に着る洋服をあたたかなものにするなどしてあげてください。

*ちなみに2人育てましたが長肌着はほぼ使いませんでしたので買うなら短肌着、コンビ肌着、前あきのボディ肌着などがおすすめです!

 

 

足元が寒そうなときはレッグウォーマーがおすすめ!

レッグウォーマーは何個かあると季節の変わり目や冬に便利です♡

 

上着について

4月~コートかブルゾン。(大体ですが5度以下ならコート)
5月~少し暖かくなることが多いのでパーカーやブルゾンが便利。
5月中旬・6月~上着がいらないか薄手のパーカーやカーディガン

 

 

 

 

夏(6月中旬~8月くらい)

室内なら短肌着+薄手のロンパース
30度近いなど暑い時はボディ肌着など一枚でも大丈夫

屋外なら半袖肌着+ロンパースなどの洋服

靴下は夏はいらないと思います。

ここ数年でだいぶ普及しましたが、最近は札幌のマンションやアパートはエアコンがないところもまだけっこうあります。

その場合、夏場は室内もけっこう暑くなるのでそういう時は肌着一枚でも大丈夫です。

外で過ごす日で風が強い日は薄手のはおりものが一枚あると便利。

 

 

その年によって変わりますが札幌で半そでが主流になるのはだいたい6月中旬~7月くらいからです。

6月の初めは気温が上がる日もありますが、札幌は風が強い日が多いので薄いはおりものなどを一枚予備で持ち歩くと肌寒いと思った時に対応できて便利です。

また、夏の夜にお出かけしたり、花火をするときも少し肌寒い時もありますので、薄手のパーカーやカーディガンが一枚でもあると安心ですし、虫刺され対策にもなりますよ^^

 

0~1歳半くらいまでの赤ちゃん服 秋と冬

 

秋(9月~11月くらい)

室内なら短肌着orコンビ肌着+ロンパースなどの洋服

この時期は肌着の長袖が何枚かあると急に涼しくなった時に便利です。

ただ、新生児ちゃんは短肌着で大丈夫です。

屋外なら肌着+洋服+ブルゾン+靴下と靴

9月になると急に涼しくなる北海道。

肌着や洋服も半そでから長そでにシフトしていく時期です。

この時期にあると本当に便利なのがカーディガン!!

朝や夕方の肌寒い時や外で遊んでいて肌寒い時にさっと一枚はおれると快適です。

パーカーでもいいのですが、カーディガンのほうが上着を着た時でもごわごわしないので便利です♬

 

 

 

上着について

9月・10月~春の4月・5月に来ていたブルゾンやコートとおなじくらいのもの

11月~風が冷たくなり早ければ雪が降りだすのでコートや中がフリース使用など温かくなっているブルゾンなどが安心です。
お子さんが暑がるようなら中に着ている服で調整してあげるといいと思います

 

 

冬(12月~3月くらい)

室内なら短肌着or長そで肌着+カバーオールなどの洋服

屋外なら肌着+洋服+ジャンプスーツorコート+厚めの靴下or靴

肌着はあまり厚手のものではなくスムース素材など少し暖かな物の方が体温調節がしやすいです。

 

冬の札幌は外は極寒ですが室内は暖房がはいっていて暖かい。

特に札幌は地下街が発達しており、地下は結構暖かいです。

 

なのでこの時期も服装選びが結構難しいんですね。

 

こういう時は気温はもちろんですが、その日一日どういうスケジュールで動くかで赤ちゃんの服装を決めてあげるといいと思います。

 

例① ママがママコートを着て外を15分くらい歩き、イオンなどのショッピングモールに行く

 

札幌のショッピングモールの室内は暖房が利いていて暑いので肌着+洋服+コートがおすすめです。

 

ジャンプスーツは脱がせるのが大変なのでこういう時はおすすめしません。

どうしても寒さが心配ならナイロン製ではなく布のジャンプスーツか厚手のカバーオールがいいと思います。

 

 

また、室内に入ったらママもママコートのダッカーを外してあげると赤ちゃんが暑くなりすぎずにすみます^^

それでも汗をかくようならコートを脱がせてあげるか、靴下や靴を脱がせてあげるといいと思います。

地下鉄を使い札幌駅や大通りのデパートも同じ感じで大丈夫♬

地下鉄の駅は寒いところもありますが、地下はあたたかですし、人も多いのでジャンプスーツだと赤ちゃんも暑いと思います。

 

例②雪まつりや雪あかりなど外でやってるイベントを見に行く

 

冬の札幌の屋外に長時間いるならやっぱりあたたかいジャンプスーツ!!

 

中は長袖肌着+冬用のカバーオールや洋服で大丈夫です。

気温が低い時はママがママコートを着てすっぽり隠してあげると赤ちゃんもママもより温かいです。

そして、この時気を付けてあげて欲しいのが赤ちゃんの足元。

低月齢の赤ちゃんならジャンプスーツは足が隠れるタイプのものを、1歳前後なら靴を履かせてあげたほうが暖かいです。

 

例③歩いて児童館などに遊びに行く

 

札幌の児童館は体育館もプレイルームも暖房が入っていますので比較的暖かく快適に過ごせます。

ただ、やはり寒いことも時々ありますからそういう時はまたまたレッグウォーマーがおすすめ!!

 

腰がしっかり座っていたり歩けるくらいの赤ちゃんならカーディガンなどの上にはおるものが一枚あればいいと思います^^

上着についてはその日の気温に合わせてジャンプスーツorコートを選んであげてください。

この辺はあまり神経質にならずにママが今日は寒いなと思ったらジャンプスーツ!くらいの感じで大丈夫♬

ジャンプスーツがないんだけど。。という時もレッグウォーマーをつけてあげると暖かいと思います^^

 

まとめ|札幌子供の服装事情・赤ちゃん編のおさらい

札幌の子供服事情・赤ちゃん編お伝えしてきました。

温かくなったと思ったら雪が降ったり、前日と比べて気温がいきなり10度も下がったり、真冬は屋外と屋内の気温が20度以上違ったり。。

札幌の気候は季節の変わり目は特に大人でも体温調節が難しいので赤ちゃんはなおさらだと思います。

 

なので、今まで紹介してきたカーディガンやレッグウォーマーなど体温調節をしやすいアイテムをいくつかそろえてあげると赤ちゃんも快適に過ごせると思います♡

 

また冬場は寒そうだからといって

厚手のニット肌着+フリース生地の服+ナイロン製のジャンプスーツ

などという厚めのものばかり着せてしまうと室内に入った時に本当に赤ちゃんが汗だくになってしまいます。

なので肌着をスムース素材にしたり、室内に長くいるとわかっている時はジャンプスーツではなくコートにしたりと調整してあげてくださいね^^

 

今まで紹介してきた商品はすべて楽天市場でかうことができます♡

私も子どもたちが赤ちゃんの頃から今も本当によく利用しています^^

赤ちゃん連れでお買い物に行くのが大変な時もすごく便利ですのでぜひりようしてみてください!

かわいいベビー服買うなら!楽天市場

 

次回は1歳半くらいからの幼児さん向けの札幌の子供服事情をお伝えします。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました♡

スポンサーリンク

-ベビー服, 札幌子育て情報

Copyright© 札幌子育てスタイル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.