赤ちゃん喜ぶおもちゃ・絵本

アンパンマンブロックは赤ちゃんから何歳まで遊べるの?知育玩具としても優秀な魅力を徹底紹介!

 

札幌で子育て中の姉妹ママゆりです(@sapporomamayuri)。

我が家の長女が1歳の時に買ってからもう5年近く遊んでいて今も子どもたちが大好きなブロックラボのアンパンマンブロック。

我が家で一番長く遊んでいるおもちゃです。

バンダイ アンパンマン ブロックラボ はじめてのブロックバケツ

 

子どもたちを見ているとアンパンマンブロックは長く遊んでくれるだけではなく創造性や手先の動きの発達など知育おもちゃとして優秀なのがよくわかります。

ゆり
つまりアンパンマンブロックは子どもの心身の発達と成長にとてもよい効果をもたらしてくれるんです!

今日はそんなアンパンマンブロックのどんなところが知育おもちゃとして優れているのか我が家の実体験をもとに詳しく説明していきます。

この記事を読めばアンパンマンブロックがどんなふうに子どもの発達と成長によいかわかりますよ♪

★こちらの記事もおすすめ★

1歳の誕生日に贈りたいプレゼント♡赤ちゃん喜ぶおもちゃ15選はこれだ!
プレイジムはいつまで使える?長く使えて赤ちゃんの発達を促すおすすめ5選!

 

 

なぜアンパンマンブロックは知育にいいのか|アンパンマンブロックのおすすめポイント

アンパンマンブロックが子どもの発達と成長によくて知育玩具としておすすめな理由はこちらです。

  • 手先の動きの発達を促してくれる
  • 想像力・創造性を高めてくれる
  • 安全性に配慮されている
  • 色を意識しやすい
  • 子どもが大好きなアンパンマンのキャラクター
  • 買い足すことで遊びが広げられる
  • 男の子・女の子問わず楽しく遊べる
  • 1歳半からずっと長く遊べる
  • 思いやりを高めてくれる
ゆり
ひとつのおもちゃでこんなにたくさんよいところがあるのってすごいなと思います
その内容について詳しく説明していきますね!
しろくまちゃん

手先の動きの発達を促してくれる

アンパンマンブロックの対象月齢は1歳半から。

1歳半の子どもの手ってすごく小さいです。

アンパンマンブロックはブロックひとつひとつの大きさをその月齢の子でも持ちやすくそれでいて飲み込みずらい大きさに設定されています。

立方体(キューブ型)で小さいお子さんでも組みやすい形なので簡単にブロックの組み外しができます。

小さな子でも使いやすい形を徹底的に研究して作られているから小さな頃からブロック遊びを通して手先の動きの発達を促してくれるのです。

アンパンマンブロックの研究について詳しく知りたい方はこちらのホームページを見てみてください。

バンダイ アンパンマン はじめてのブロックワゴン ブロックラボ

 

想像力・創造性を高めてくれる

アンパンマンブロックに限らずですがブロック遊びのいいところは自分の好きなものを好きな形で作れるところです。

アンパンマンブロックは組み立てやすいのでうちの子も一歳半くらいからブロックを繋げて遊んでいました。

最初はただ長く縦につなげることしかできなかったのが2歳を超えると横に並べて遊ぶようになりました。

そして2歳半~3歳を過ぎたころにはいろんな形を作ったり繋げられるようになり、4歳~5歳を過ぎるとブロックをたくさん使いすごく複雑な形を作るようになります。

子どもたちがブロックで遊んでいるのを見るとブロック遊びは「次は○○を作ってみよう」「ここをこうつなげて、こうやって重ねて……」とすごく考えながら遊んでいて創造性や想像力を高めているのがとてもよくわかります。

 

安全性に配慮されている

アンパンマンブロックは安全性への配慮が高い商品です。

まず大きさ。

アンパンマンブロックの大きさは小さな子が手に持ちやすい大きさでありながらも口に入れても飲み込めない大きさを考えて作られています。

そしてブロックに星形の穴が開いています。

 

これが空気穴になるので万が一のどに詰まらせた時にも窒息しないように配慮されているのですね。

ゆり
100%安全と言い切れるわけではありませんがこういった安全への配慮が高いので親としては子どもに与えても安心できるなと感じます。

 

 

色を覚えられる

アンパンマンブロックは赤・青・黄色・緑など子どもが覚えやすい色使いをしています。

そのため遊びながら色の名前を覚えることができるのです。

 

うちの子供たちも2歳くらいから色の名前を覚えましたがきっかけを作ってくれたのはアンパンマンブロックでした。

ゆり
ブロックで一緒に遊びながら「これは何色?」と問いかけられるので色について教えていきやすいんです♪

遊びながら色について学べるのがいいなと思います^^

 

子どもが大好きなアンパンマンのキャラクター

アンパンマンブロックにはアンパンマンや仲間たちの顔と身体が描かれているブロックがあります。

1歳半~3歳くらいまでの子供たちが大好きなアンパンマンのキャラクターたちがブロックに描かれていることで子どもが喜びブロック遊びに夢中になってくれます。

さらに一度ばらしたお人形ブロックを元に戻したいと考えることでブロックの組み合わせも学んでいきます。

ただブロックを組み合わせるだけではなくお人形のブロックを自ら作ることで考える力が身に付きます。

 

買い足すことで遊びが広げられる

アンパンマンブロックはブロックだけではなく、ブロックと一緒に遊べるお人形やパン工場などの建物を買い足して遊ぶこともできます。

アンパンマンのアニメに出てくる家や乗り物を自分で作っていけるので喜びますし発想力・記憶力を鍛えることができます。

また、こうした付属品を増やしていくことで世界どんどんが広がるので飽きることなくブロックで遊んでくれます。

 

男の子・女の子問わず楽しく遊べる

アンパンマンブロックはブロック本体も男女問わず遊べますが、ブロックだけでなくその世界を広げてくれるラインナップも男の子・女の子向けの商品が多く出ているので男女のどちらでも楽しく遊ぶことができます。

そもそもアンパンマンというキャラクター自体も男女を選ばないので姉弟の性別が違う場合でも心配なく購入できますし、性別が違っても一緒に遊んでくれるありがたいおもちゃです。

 

1歳くらいからずっと長く遊べる

アンパンマンブロックの対象年齢は一歳半から。

「ブロックっていつまで遊んでくれるの?小さいうちだけじゃない?」と思うかもしれませんが少なくとも年長さんになる6歳くらいまでは子どもはブロック遊びが大好きです。

うちの長女も今年6歳ですが、今でもブロックでよく遊んでいますし、お城を作ったりとだんだんと作るものも高度になってきました。

我が家にある子どもたちのおもちゃを見ていて、ここまで長い間毎日のように遊んでくれるおもちゃはアンパンマンブロックだけだなと思います。

しろくまちゃん
お友達のお家では小学校3年生くらいの子もまだブロックで遊ぶとのことです

子どもにとって自分の好きなように形を作っていけて自由な発想を楽しめるブロックはいつまでも魅力あるおもちゃなのだと思います。

 

思いやりを高めてくれる

私が個人的にここまで考えられているのか~と驚いたのがこの「思いやりを高めてくれる」です。

アンパンマンブロックはお人形やブロックを使い「ごっこ遊び」をすることができます。

そのごっこ遊びをとおして「アンパンマンを助けてあげよう」とか「ドキンちゃんのお家を作ってあげよう」などキャラクターへの思いやりが育つのです。

これはただのブロックではなく子どもたちが好きなアンパンマンというキャラクターとその世界観があるからこそ。

アンパンマンブロックがどのように思いやりを育ててくれるか詳しく知りたい方はこちらのホームページをご覧ください。

ゆり
ブロックとしても遊べるしお人形遊びとしても遊べるのは親としてもありがたいなと思います

 

アンパンマンブロックが知育にいい理由|まとめ

アンパンマンブロックが子どもの成長と発達にとっていい理由をお伝えしてきました。

ゆり
ブロック遊びだけでここまで子どもの発達を促してくれるのは本当にすごいといつも思っています

子どもにとってはただ楽しく遊んでいるだけなので嫌にならないでしょうし、本当に考えて研究して作られたおもちゃなのだなぁと思いました。

バンダイ アンパンマン ブロックラボ はじめてのブロックバケツ

最後にもう一度アンパンマンブロックが知育にいい理由をまとめておきます。

  • 手先の動きの発達を促してくれる
  • 想像力・創造性を高めてくれる
  • 安全性に配慮されている
  • 色を意識しやすい
  • 子どもが大好きなアンパンマンのキャラクター
  • 買い足すことで遊びが広げられる
  • 男の子・女の子問わず楽しく遊べる
  • 1歳半からずっと長く遊べる
  • 思いやりを高めてくれる

子どもにブロックを買ってあげたいと思うなら間違いなくおすすめなブロックラボのアンパンマンブロック♪

ゆり
1歳の誕生日など早いうちから買うのが特におすすめですよ

ぜひブロック遊びでお子さんの創造性や発想力を促してあげてくださいね^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

バンダイ アンパンマン はじめてのブロックワゴン ブロックラボ

-赤ちゃん喜ぶおもちゃ・絵本
-

Copyright© 札幌子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.