育児ストレスの原因は?育児が辛いのは自分のせい?ママの育児ストレスの解消の仕方

こんにちは、姉妹ママのゆりです^^

スポンサーリンク

 

 

突然ですが子育て中のママさん、ストレス溜まってませんか??

 

 

可愛い我が子。そんな我が子との毎日がもう大変で辛くて仕方ない。。

 

そんな思いを経験したり抱いたりしたことがあるのはきっと私だけではないはず。

 

 

そもそもなぜ育児をストレスと感じるのか。

 

  • 子供中心で自分の時間がない
  • 達成感がない
  • 日中は一人で子育て。頼れる人が夫以外にいない
  • 社会に取り残されるという焦燥感
  • 自分のペースで物事を進められない
  • はじめてのことなのに失敗できないという強い緊張感がある
  • 夫が協力してくれない、理解してくれないと感じる

 

 

他にもいろんな理由があると思いますが、私を含め私の周りのママさんにはこんな理由が多いかなと思います。

 

 

子供中心で自分の時間がない

 

ママが一番きついと感じるのがこの『自分の時間がない』ということではないでしょうか。

 

 

実際私も夫が仕事の平日は長女は幼稚園に行ってますが、次女とはずっと一緒なので自分の時間はほとんどもてません。

何かしたいことがあっても子どもの体調やご機嫌に左右されて思うようにできない日々。

 

こんな毎日がずっとなので、どんなにかわいいわが子と一緒でもイライラしてしまう。。

 

日々そう感じています。

 

 

達成感がない

 

家事もそうですが、育児も基本的に母親なら『やって当たり前』だと思われています。

 

また、先ほどの自分の時間がないにも関係してきますが、子どもと一緒の生活というのは本当に自分のやりたいことをちゃんとできない生活です。

 

簡単なことさえいちいち中断されやり通せない。

 

頑張ってやっても誰にも感謝してもらえない、簡単なことさえやり通せない毎日では達成感を感じられることは本当に少ない。。

 

これが現状です。

 

日中は一人で子育て。頼れる人が夫以外にいない

 

我が家も近くに祖父母や親せきがいない核家族なので基本的に日中は私一人で子育てです。

さらに夫が仕事から帰ってくるのは夜の9時くらいなので日中というかほぼ一日中一人で子育てです。

 

完全に今はやりのワンオペ育児です。

 

 

近くに気軽に頼れる人がいないというのはかなり辛いこと。

 

特に子供も親も体調不良になったのに、手伝いに来てもらえない。。

我が家の場合電車で一時間半のところに私の実母がいるので基本的にはこういう非常事態の時は助けにきてくれるのですが、実際今年の2月に家族でインフルエンザにかかってしまった時、タイミング悪く母も体調を崩していたので来てもらうことができず。。

 

この時は人生でも5本の指に入るくらいにしんどくって、死にそうになりました。。

 

ただこの時、お友達がご飯をたくさん作ってもってきてくれたので本当に本当にすごく助かりました❤

 

こんな風に助け合える人がいれば、気持ちも少し楽になるのだなと思います。

 

 

社会に取り残されるという焦燥感

 

この焦燥感という感情、次女の子育て中の今は慣れてしまったのかさほど感じていませんが、長女の時は私も強く強く感じていました。

 

一日中子どもと二人きりで過ごしているとなんだか自分がすごく社会にとって役立たず、何も貢献していないダメ人間に思えてきて落ち込んでいました。。

 

実際には一人の人間を育てるというとても大切な仕事をしているのでそんなことを思う必要はないと思うのですが、特に出産までお仕事をしていたママなどはこの感情に陥りやすいと思います。

 

 

自分のペースで物事を進められない

 

私が辛いなと感じるのがこれ。

 

達成感が得られないの項目にも関係しますが、子どもと一緒の生活は本当に一つのことをなかなか最初から最後までやりとげられません。。

 

始めたばかりなのに、あと少しで終わるのに、子どもに呼ばれたり泣かれたりしていちいち中断される。

 

そこでキレないようにするにはかなりの忍耐力を必要とします。

 

そのため、これが積もり積もるとなかなかのストレスになります。

 

 

はじめてのことなのに失敗できないという強い緊張感がある

 

当たり前のことですが、私たちママは赤ちゃんが産まれて初めてママになります。

 

つまりママもママ一年生。

 

初めての育児は本当にわからないことだらけで緊張の連続。

 

そんな初めてのことでワケがわからない状態なのに、『失敗してはいけない』と言われているように感じる。

 

 

人間一人の命と身体を自分が責任をもたなきゃいけないというプレッシャー。

 

特にワンオペ育児なら本当に一人でそのプレッシャーと闘わなくてはいけません。。

 

ママだってママになったばかりでわからないことだらけなのにいきなり一人で全責任を背負えといわれるようなもの。

 

これはなかなかきついものです。

 

夫が協力してくれない、理解してくれないと感じる

 

子どもが産まれた途端、妻がパートナーに対してイライラしてしまったり、きつくあたってしまうようになった、というのは、多くの家庭でよく聞かれる話です。

 

 

我が家でもそうでした。

 

今思うと夫は夫なりにパパになろうとしていたのでしょうが、当時は子供が産まれたのに産まれる前のようにふらっと飲みに出掛けたり、家にいても言わないと何もしてくれない夫に本当にイライラしっぱなしでした。

 

また、日中ずっと子どもと二人きりでいることで感じる孤独感というものがどうにもわかってもらえず、余計に孤独を感じて喧嘩も本当に多かったです。

 

パパが少しずつでもママの大変さや孤独感に気が付いてくれたらママの気持ちも救われるなぁと今も感じています。

 

 

スポンサーリンク

 

どうやって育児ストレスを乗り切るか

 

ではどうやって育児ストレスを乗り切っていくか。

 

 

実際に私が試して効果があった方法をお伝えします。

 

●気分転換

  • とにかく一人の時間をもらう
  • ショッピングをする
  • カフェでのんびりする
  • ヒーリングミュージックを聞く
  • 深呼吸する
  • 子どもが寝た後好きなテレビを見たり、小説や漫画を読んでその世界に没頭する

 

●感情を表に出す

  • 声を出して笑う
  • 泣けるドラマや本を読んで涙をながす
  • お笑い番組やバラエティーを見て笑う
  • 信頼できる友達や家族に自分の気持ちを話す

 

●心身を休める

  • 信頼できる人に子どもをお願いしてとにかく寝る
  • ベビーシッターサービスを定期的に使う

 

●マイペースを保つ

  • 周りの声を気にしすぎない、言いたいことは言わせておきスルーする
  • 合わないと思う人と無理に付き合わない

 

私が特に効果があったなと思うのはこの4つ

  • 一人でカフェに行く
  • ヒーリングミュージックを聞く
  • 感情を表にだす
  • 深呼吸する

 

ママの中にはかわいいわが子にこんなにイライラするなんて自分はダメな母親だ。。と自分を責めイライラしている自分の感情を見ないようにしてしまう、なかったことにしてしまうママもいると思います。

 

そうやって自分の感情に蓋をしてしまうといつまでたってもその感情は昇華されず、ずっと心の中でくすぶり続けます。

 

ママだって疲れていたり余裕がないとイライラしてしまうのは仕方がないことなのだから、そんな自分を責めないで信頼できる人に辛さや気持ちを話してみましょう。

 

けっこうわかる!!って言ってくれる人も多いですよ♥

 

ちなみに深呼吸するのも簡単にできておすすめです!

 

そんなことで?って思うかもしれませんが、少し心が落ち着きますのでぜひやってみてください♪

 

 

あと余談ですが、少し前のNHKスペシャルで育児ストレスについての特集がありました。

産後にママ達が育児を辛いと感じてしまうのには科学的根拠もあったという内容でなかなか面白かったのでリンクを張っておきますので気になる方はぜひのぞいてみてください^^

 

NHKスペシャル~ママ達が非常事態!?最新科学で迫るニッポンの子育て

 

 

ママだって完璧じゃない!ストレスを感じてしまう自分を責めすぎないで

 

先ほども言いましたが、子育てでイライラしてしまうのはある意味仕方ないことだと私は思います。

 

 

だって子育ては本当に本当に心身共に重労働なことだから。

 

もちろん我が子の成長は本当に嬉しいし、子どもが可愛くて幸せを感じる瞬間もたくさんたくさんあります。

 

子どもたちが本当に愛おしいと感じる瞬間も日々の生活の中にはたくさんあります。

 

でも、綺麗ごとだけじゃないし、やはり心と体に余裕がないとその幸せや嬉しさや愛おしさも感じにくくなってしまいます。

 

 

だからこそイライラしてしまう自分を責めすぎないで、ママにこそ自分のための時間をもってほしいなと思います。

 

このブログを読んでくれているママたちはきっと十分すぎるほど頑張っているだろうから。

 

どうか子どもを愛するように頑張っている自分も愛してあげてくださいね❤

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください