クーナセレクトのせんべい座布団の使い心地~人気の秘密を徹底調査!

 

こんにちは、姉妹ママのゆりです^^

 

私のブログでも安定的にアクセスがあるベビー&キッズ用品のセレクトショップ・クーナセレクト。

 

今回はそのクーナセレクトの商品の中でも大人気のせんべい座布団と、お座りの練習ができるハガブーというベビーチェアについて、なぜこんなに人気があるのか、使い心地はどうなのかを徹底的に調査していきたいと思います^^

 

一日目の今日はせんべい座布団を徹底調査していきます。

 

クーナセレクトやその商品が気になっていたよというママは必見ですよ♪

 

 

クーナセレクトってどんなお店?

 

クーナセレクトのクーナはスペイン語で『ゆりかご』という意味。

赤ちゃんとママ、両方に嬉しくて優しいサイトを目指しているんだとか。

 

 

最近第3子(第二王子)が産まれた英国王室ご用達アイテムも多数取り揃えており、おしゃれな商品が大変多いので芸能人ママにも多数のファンがいるそうです。

センスがよくてなおかつ使いやすさも考えられた商品が揃っているオンラインセレクトショップです^^

 

キッズ&ベビー用品のセレクトショップcuna select【クーナセレクト】
海外セレブも愛用する、おしゃれアイテムが満載



 

 

せんべい座布団ってどんな商品?

 

『せんべい座布団』とは、京都の老舗座布団店「洛中高岡屋」で手作りされる、直径1mのまあるい形の座布団。

 

重さは1350g~1400gと軽いので赤ちゃんを抱っこしながらでも簡単に持てて好きなところに広げられる便利な商品です。

 

実際に使っているママ達からは

 

「抱っこ中に眠ってしまった時、お部屋にさっと敷いて寝かせるのにちょうどいい」

 

「ベビー布団をリビングに敷きっぱなしにするのは抵抗があるけど、せんべい座布団ならクッション感覚で置いておける」

 

「家事をする時やトイレに行く時など、子どもからちょっと離れなければいけない時に、寝かせたり座らせておくスペースにぴったり」

 

「子どもが本格的にお昼寝しそうな時は、座布団ごと抱っこしてベビーベッドまで運べるのが便利」

 

という感想が寄せられているのだとか。

 

つまり

 

「家の中の好きな場所」に

「快適なベビースペース」を

「手軽に用意できる」

 

というのが人気の秘密なんですね^^

 

出産祝いにもピッタリ♪
赤ちゃんのプレイスペースにピッタリな直径1mのまんまる座布団

 

 

せんべい座布団の種類

 

このように使い勝手がよさそうなせんべい座布団。

 

 

現在現在クーナセレクトでは、スタンダードなせんべい座布団のほか、カバーを取り外せるタイプや撥水モデルなど、全6種類を販売しています。

 

 

色々な種類があるのは嬉しいですが、6種類もあるといざ買う時にどの種類を買えばいいのかわからなくなってしまいますよね。

 

そんな方のためにクーナセレクトではそれぞれの特徴をまとめた一覧表があります。

 

せんべい座布団シリーズ・各タイプの特徴一覧表

 

その一覧表によるとお値段は10000円から。

 

少し説明していくと

 

座布団とカバーが一体となっているスタンダードといわれるタイプが一番安く10000円。(お名前刺繍すると12000円)

ただしカバーが取り外せないので汚れた場合のお洗濯はつまみ洗いしかできず、生地が汚れてしまったクリーニングに出さなければいけないというデメリットがあります。

 

 

カバーが取り外せるヌード座布団&カバー1枚セットは14800円。(お名前刺繍すると16800円)

スタンダードタイプに比べてお値段が高くなってしまいますが、カバーが汚れたらいつでも洗濯機で洗えるので清潔に使うことができるのがメリット。

 

赤ちゃんってすぐに吐き戻ししたりおしっこを飛ばしたりするので私はこのカバーが洗えるタイプが好きだなと思います^^

 

 

さらに、洗い替えのカバーがもうひとつほしい人のためにヌード座布団&カバー2枚セットというのもあります。

お値段は20000円。(お名前刺繍すると22000円)

 

やはり高めの値段設定ですが、カバー1枚セットのあとにカバー単品を買い足すよりお安いです。

 

 

そして、私が一番これいいな!と思ったのが撥水ヌード座布団&カバー1枚のセット。

 

 

 

よだれや汗、飲みこぼしなどが座布団本体に染み込みにくいし、弾いた液体はカバーが吸い取ることで、お手入れの手間が最小限になります!

 

お値段は15800円。(お名前刺繍すると17800円)

 

赤ちゃんや子どもはほんとよく汚すので座布団事態に撥水加工されていると、せんべい座布団の上で何かこぼされたり、吐き戻しされてもカバーを洗えばいいだけですからママのストレスになりにくいなと思いました^^

 

あと専用カバーだけも売っています。

 

お値段は7000円(お名前刺繍すると9000円)

 

カバーが頻繁に汚れてしまい、洗い替えンもう一枚必要!という時に、後から買い足せるのは嬉しいですね^^



お手軽な値段の類似品とどこが違うの?

 

人気のせんべい座布団ですが、やはりお値段は決してお手軽というわけではありません。

世の中には似たような商品でもっと安いものもたくさんありますよね。

 

せんべい座布団の購入について、「同じような大きさの丸いクッションで、もっと安い商品もあるけど…」と、迷っている方も多いと思います。

 

なので安価な類似品とせんべい座布団の違いを説明していきます。

 

 

せんべい座布団と、安価な類似品の一番の違い。

 

 

それは中に入った「詰め物」と『その詰め方』

 

 

本物のせんべい座布団には、綿(ワタ)とポリエステルが7:3の割合で詰められています。

天然素材である綿を多く含むことによって、座布団の吸湿性が高まり、内部の熱や水分が発散しやすい状態に。

 

湿気の多い日本の気候に適した仕様で、夏は涼しく、冬は暖かく、一年中快適に使えます。

また、ポリエステルを少し加えることにより、適度な厚みが生まれ、綿100%の座布団よりも座り心地がアップ。

 

「綿:ポリエステル=7:3」

 

これはせんべい座布団を作っている老舗座布団店・『洛中高岡屋』さんが長年の経験から導き出した、まさに詰め物の黄金比なのだとか。

 

 

一方、安価な類似品(中国製)の詰め物は、そのほとんどがポリエステル100%。

綿を含んだものに比べて吸湿性が劣るので、汗かきな赤ちゃんを寝かせるには衛生面がちょっと気になります。

 

また、弾力性が高くへたりにくいポリエステル100%の座布団は、赤ちゃんを寝かせた時に高低差が生まれ、窒息等の危険性が高まります。

 

その点、熟練の職人の手作業で作られたせんべい座布団は、綿が全体的に均一に詰められているので、赤ちゃんがどこに寝転んでも、高低差がほとんど生まれません。

 

 

『洛中高岡屋』さんのせんべい座布団。

 

それは、赤ちゃんが気持ちよく、安全に過ごせるように、熟練の職人たちの手でひとつひとつ丁寧に作られている赤ちゃんにもママパパにも嬉しい商品。

 

安くてふかふかした座布団は一見とても魅力的ですが、ママもベビーも安心して使えることを考えて選んでいきたいですね。

 

 

お部屋の雰囲気に合わせて選べる豊富なデザイン

 

せんべい座布団のもう一つの魅力は、お部屋の雰囲気に合わせて選べる豊富でおしゃれなデザイン。

 

現在11種類の色と柄が販売されています。

 

 

せんべい座布団の色柄のバリエーションはこちら

 

せんべい座布団という名前だけ聞くとなんか和風で洋風のお部屋には合わないんじゃない?と思われがちですが、全然そんなことはなくてかわいくておしゃれな柄と色ばかりです^^
中でも人気なのが、ガーランドやスノーフォレスト、スワローなど、クーナセレクトでしか販売していない限定柄だそうです♪

 

 

せんべい座布団のまとめ

 

以上のように多少お値段はするものの赤ちゃんとママのことをしっかり考えられて作られているせんべい座布団。

 

Made in JAPANの安心の品質、ママに嬉しい使い勝手、お部屋に馴染むデザインと、3拍子揃った「せんべい座布団」。

 

まだ使ったことがない、という方は是非お試ししてみてはいかかでしょうか♪

 



 

次回はお座り練習チェア・ハガブーについてお伝えしていきます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください