産後うつ~コウノドリ3話でも取り上げられた誰でもなりうる心の病

こんにちは、姉妹mamaのゆりです❤︎

昨日はコウノドリの第4話目でしたね。

私は次女が少し発熱していたのでそばを離れることができなくてリアルタイムでは見れませんでした。

なのでこのTVerというサイトのアプリを使い今日の夜見ようと思っています^ ^

このサイトはドラマやバラエティが放送から1週間は無料で見られるという便利なもの♪

 

私はコウノドリ第3話も寝落ちして見れなかったのでTVerのアプリで見ました。全然途切れることなく問題なく見られて快適でしたよ^ ^

 

 

そんなコウノドリ第3話は産後うつがひとつの大きなテーマでしたね。

高橋メアリージュンさんが産後うつになるママの演じ方がすごく上手で引き込まれました。。

 

私も同じような経験をしてるので人ごととは全く思えず、最初から最後まで泣きながら見てました。

マンションの窓から飛び降りたくなること、私もありましたから。。

 

はじめての育児の時は特に『人へ頼ること』ができないママが多いです。

ていうか、産む前は全部1人で出来ると思ってるんですよね、みんな。

でも、実際の育児ってそんな楽なものじゃなくて、だからと言ってどこに頼っていいのかもわからない。

 

助けてと言いたいのに誰にも言えない、言ってはいけないと思いこんでいる。

 

 

さらに一日中誰とも話せない毎日に世間から置いていかれた気持ちが強くなる。

ドラマの中のママさんはお仕事に復帰したいと強く願っていましたから、特にそうだったと思います。

 

そこにはじめてでうまくいかない育児が重なる。

ママとしてもダメな自分

そこに旦那さんから理解のない言葉を言われてしまう

(ちなみにあのパパさんは特別なパパさんというわけではなく、割と多いと思いますあんなパパ)

 

誰にも話を聞いてもらえず孤独だけが強くなっていく

 

そのうちに自分は誰からも必要とされていないと思いこんでしまう。

 

ああ、もう過去の自分と重なりすぎてほんと笑えない!!

 

 

だからこそドラマは救いのあるラストにすごくほっとしました。

吉田羊さん演じる小松さんがママをぎゅっと抱きしめる場面を見て、ああ、私も誰かにこうしてほしかったなぁ。。なんて過去の自分を思い出したり。

 

ドラマの中のママさん飛び降りなくて本当によかった。。四宮先生ありがとう!!って心から思いましたね^ ^

 

 

さて、実際に産後うつになりかけた私自身の経験からいうと、どんな形でもいいから誰かにSOSを出すことがまず第一歩だと思います。

ただ人によってはわかってもらえないこともあると思います、残念ながら。。

 

そんな時にもあなたが悪いというわけではありませんからどうか自分を責めず他の人なり他の場所を探してほしいなと思います。

 

私は心療内科にも行きましたが相性が悪かったのかあまり改善しませんでした。

私は一つ目の病院が駄目だったからそこであきらめてしまいましたが、そこであきらめずに他の先生なり他の病院を探せばよかった。。と今は思います。

 

ちなみに次女の後は生理のような出血が月に何度も続き、それに伴い気持ちが落ち込んだらイライラがひどくなったので、次女を産んだ産婦人科に行き、ホルモンのバランスを整えてくれる薬を出してもらい、その薬を飲んだらだいぶ良くなり少し楽になりましたね^ ^

 

あと、札幌でもやっと去年から産後支援の取り組みが始まりました。産後4か月までの赤ちゃんとママが対象ですが、市内の助産所で、助産師さんが産後の生活や育児相談等のケアを行ってくれます。

詳しくはこちらをご覧ください。

ただ、ママが赤ちゃんを連れて助産院に出向かなければならないのと、住んでる場所によっては遠いところばかりなので車がないとなかなか行きにくいのがネックかな。。

あと4か月までって結構バタバタしていてそんな余裕もないことも多いんですよね。。

だから可能なら産後半年~一年くらいまで対象してくれたら嬉しいなと思います♪

 

この話はとっても長くなりそうなので今日はここまでとさせていただきます。

 

次回のブログには産後SOSをだせる場所やサポートしてくれるところ、お勧めの本などをもう少しのせていきますね。

 

すぐにいろんな情報をお伝え出来ずごめんなさい。

 

過去に書いた記事にお子さんを預けられる私のおすすめのシッター会社と一時保育ができる保育園がのっていますのでよければごらんくださいね^^

札幌で利用できるおすすめ一時保育とベビーシッター

 

 

産後に苦しむママが少しでも減りますように。。♥♥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です